先輩と美奈子

先輩に話を聞いてもらったら
気持ちが少し軽くなって
晃汰の学校の手続き書類とか
確認できそう。よかった。

感情に良い悪いもないって
思っていたのは表面的なだけで
無意識にジャッジしていたんだとすごく感じました。

もしかしたら
新太には
怒れる時は我慢しないで
怒っていいんだよって
言っておきながら
私は我慢してるから
見せてくれてたのかもしれない。

(パニックになって怒る時があるんだけど本人は怒ることダメと思ってなさそう。怒ってもいいよって言ってる私が駄目って思ってた💦)

先輩ありがとう😊

 

 

どの感情も

大切にして、しっかり感じてあげたり

コミュニケーションをとってあげることが大事な

癒しのきほん。

 

どれだけ何周も、弧を描くようにしてくりかえしくりかえし

階段を上がっても、イライラを怖がったり、怒れてくる自分をごまかしたりせずに、大切なサインに感謝していくことは変わらない。

 

The neneの元店長美奈子さんはマイのことを先輩と呼ぶ。

自分のほうが年寄りのくせに。

「ね、ね、美奈子さんはなんでマイのことを先輩と呼ぶの?」

と昔聞いた。

 

そしたら、

「先輩は、セラピストの先をゆく、尊敬する先輩だからじゃんね(三河弁)」

そういってた。

 

お店ができたのも、今のわたしがまだバスソルトや絵の製作を続けていられるのも、美奈子さんがいてくれたから。

一度は辞めるということを言われ、お店を存続できなくなったわたしは

何度もなんども店をたたむことを考え、見捨てられたと美奈子さんを恨み、泣き、繰り返し繰り返し、美奈子さんがどれくらい好きで大事で、必要で、わたしにとって大切なひとなのかを懇々と説明した時期もあったんだけど

1年以上の時間を経て

この春おおがかりな癒しに取り組んでいる。

 

腹をくくって

本当の理解に向かうと決めたひとの、まっすぐな変化は

みていても本当に勇気と愛をもらう。

 

もう、いつしか美奈子さんがお店にいようがいまいが、そんなことはどうでもよくなって、

いまでもたいせつなメンバーの1人で、こまったときに頼れるひとがここにもいて、わたしも幸せなんだ。

 

この新しい季節に向かうときに一斉に癒しをがんばってるみなさんに

こころからの愛とありがとうを添えて。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。