2つの世界

どんどん私はアウェイな場所なんだってわかった。
打合せもあんまり上手く出来なくて、
みんなにうちあけようかとおもったけど、
同じ現場の人達を騒つかせたくなくて、
誰にも言わないと決めた。

あんまりにも悲しくて、
xxさんに電話して、泣きそうになったけど、
外を歩きながら話すには誰かの耳にも入ってほしくなくて、
家に帰ることにした。

あー、なんでこんな気持ちになっちゃうのかな。
声が震える。
もー本当にきつい。

どこかでは蚊帳の外の事なんだから、私が気にする必要はないんだとも思っているけど、

今日は敵の領地に行くような気持ちだった。

私は間違っているんだろうか。
私が、大切にしてきた事って報われないんだろうか。
私は大事に大事にしてきた事を鼻で笑われた気持ちになった。
私が長年やってきたことがなんだか無駄に感じてしまい。
やりきれない気持ちだった。

 

 

女神の告白室にて24時間自由にみなさんからの投稿

お待ちしています♪

 


 

 

3次元と、4、5次元

グラデーションのように、つながっているはずの場所が今、

ぱっくりと別れているような感覚になることがあります。

 

 

今までとなにも変わらぬように、同じ言葉で話しているはずなのに

まったく違う言語で話しているように、通じない相手と

相手のみている世界や話が、まったく理解できない瞬間

 

そういうとき、わたしも目の前が真っ暗になって、自分が完全な悪者のような気持ちになって、

「じぶんはどこか、何か間違ったんじゃないか?」

完全にそう錯覚するほどに、

 

相容れぬ感じがする別世界。

パニックを起こすことが多いです。

 

 

 

そしてそれとは裏腹に、自分のすべての言葉が、言葉たらずにも関わらず

染み入るように相手に届き、相手のこともまた、すうっと優しく澄んだ水が流れていくように

同じ感覚で手に取るように理解でき、同じ世界で通じ合える世界。

 

そこで話すとわたしは、

 

敵の領地にいたはずで、自分が本当に別世界に迷い込んだ気がして

あまりに殺伐とした焦燥感や孤独感、不安に満ちた感覚から

 

瞬時に元の場所に戻った感じがするんです。

なにもかもが調和に満ちていて、一寸もずれてなくて、自分が間違いない道の上にいるという安心する感覚です。

 

 

それはそれは不思議なんだけど、そういう最近なので

2つの世界をまたぐときにあまりに苦しくなるのも

とてもよく理解できます。

 

今は、そういう時代なんだそう。

これまで生きてきた、恨みや憎しみや恐れでいっぱいの世界から

癒して愛と調和に進んで、「ほんもの」を貫いていくときに

おそらく分断される感覚がするんだと思う。

 

それはときに身を切り裂かれるくらいに苦しかったりするけれど

刻々と手放しをしながら、そして前には必ず光が差していて、そこは信じられないくらい暖かくて優しいということを

信じてほしいと思うのです。

 

目にする世界が真っ二つに別れていても

あなたは、信じるものを大切にしていい。約束します。

 

絶対にひとりじゃないから。

同じ場所に、わたしもいるから。

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。