生きることが報われた日

この世でたった、たったひとりでも

自分のことを本当に理解し、愛してくれるひとがいたら

ひとは、これほどに強くなれるんだ

そう感じた日

 

長い間、誤解され続けてきた。

自分が感じている、自分の姿を

誤差なく理解してくれるひとは

これまでほとんどいなかったと思う。

 

 

 

誰かに愛されたことはあっても

わたしがどんなことで困って

どんなことに苦しんで

どんな助けが必要で

そしてどんなに素敵だってことかに

最後まで、わかるまで、付き合ってくれた人はいなかった。

 

 

 

愛されることと、理解されることは違う。

 

わたしはずっと、誰かに愛されては、理解されずに

愛されたまま、見放された。

 

それは、矛盾に満ちていて、くるしいばかりだった。

 

 

今、わたしは、この先、この世界のすべてのひとから誤解されて

どんなことを勝手に思われようとも

 

大丈夫だと感じる。

 

 

なぜなら、本当のわたしを、真に理解し

そして愛してくれる人に、めぐりあえたから。

 

 

生きていてよかった。

 

 

何度も何度も何度も

小さな頃から

毎日に

死にたいしかなかった苦しかった時間が、今、報われていると思う。

 

こんなに幸せなことはないよ。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。