行事

うー、なんだかしあわせな1日。

あたたかくて、穏やかで、からだの内側から愛がふかふかと溢れてくる。

夜、たおくんと話をして、まずは短い時間から
2人で過ごせる時間を作ろうと相談した。

 

ママと離れると言ってしまったことが、どれほどかなしかったかを話してくれた。

給食の時に、かなしくて泣けてきて、そしたらレンくんがたおくんのかなしみに気づいてくれて

一緒に悲しんでくれたって。保育園で、なんて素晴らしい経験をしているんだと思って、レンくんにありがとうと思って、泣けた。

 

ママも倒れるくらいに悲しくて、泣いて、たおくんに「ママのこどもをやめないでほしい」って手紙を書いたんだ、と言った。

 

 

家族の行事を、ほとんどしてこなかったわたしたちに、ゆきちゃんが

卒園式に、着物を着て写真を撮ろう!

と言って、手伝ってくれることになった。

 

夢みたいで、涙が出そう。

 

家族で、正装して行事で写真をとったり

ずっと憧れていたけど、一生叶わないかもしれないなっておもう夢だった。

 

たおくんも、一度もそういう行事をしたことがない。

 

一人じゃ、ほんとうになにひとつできないことばかり。

みんなのおかげで、今まで叶わなかったことを叶えさせてもらってる。

 

嬉しいよ。

 

嬉しい。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。