幸せ

あのときわたしが、幸せだったのは

きっと

多分

いまよりもずっと、なにも持っていなかったからなんだろうと思う。

 

 

そして、次第に重くなっていったわたしは、

その重みに耐えきれなくなって潰れて、

あとかたもなく消え去って、

そして

 

もういちど、いつか植えた種が少しづつ

芽吹くのを、空っぽの手のひらで、待っている。

 

たおくんは、大きくなった。

 

いつかとっくの昔に、わたしよりも大人になっていたんだ。

 

はじまりはいつも、あの2人ではじめて引っ越したばかりで

机も家具も、なにもなかった場所に

清々しく差し込む春の光のように

軽やかであってほしい。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。