ありがとうクッキー

 

 

自分でたべるビスケット。それはやさしく。

ともだちに食べてもらうビスケット。それはうれしく。

だれかに、ありがとうをいいたいときのクッキー。それはとくべつに。

 

ぜんぶ、同じじゃない。

わたしはいつも、いつも、ビスケットが失敗することがいっぱいあるんだけど

ともちゃんが、のせておいたレシピでクッキーを作ってくれて嬉しかった。

 

ほんとうは、ひとりでレシピを整理したりそれを載せたりすることが

できないことがわかったとき、わたしは悲しかった。

 

いつか、レシピの本を出そうとニューヨークにいたときに、マンハッタンのヴィーガンのお店のメニューの作り方を

かたっぱしから集めて、本棚にはやまほどのレシピの本があったから。

わたしにとってそれはとてつもない重荷になっていて、それが、単純に処理する能力が足りないということを

まだ知らなかった私は、それが執着だと思ってとても苦しかったんだ。

 

読まない本を全部捨てて帰国し、読めないレシピをある日、ほとんど捨てた。

もう二度と、日の目をみることはきっとないとそう思ったんだね。

 

でも、誰かのちからを借りたら、できる日が来るとおもう。

 

わたしはレシピを作れないけれど、味がわかったり、美味しいってことがわかったり、

食べるってことが愛でできてるってことをよく、知ってるから。

 

今から、寝ようかな。

ありがとう。

 

なんだか力が抜けた💦

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。