おわりは、はじまり

 

 

もう、どこにもいくあてもないのだとそう思った。

もう、どこに向かえばいいのかけんとうもつかなかった。

それが今日

道のつづきがあるような気が

一瞬した。

希望も

行き先も

すべてを無くした場所で

微かに

ほんとうにわからないくらい微かに

ほほをかするようにして瞬くあわい光

 

わたしは、生きていていい

 

多分

いま、新しい場所に入った。

 

 

人間と

感情と

この世界と

あの世界

 

すべてを差し置いてきっとまた、歩み出せる

信じられないくらいのスローモーションで、それははじまるんだ。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。