ギフト・本当の声

 

疲弊しすぎてた最近。

「生きること」ってわたしにとって、本当、たぶん

もっともハードルが高い部分で

 

みんながいろいろ目指している脇で、リアルに生命の危機すれすれで

「生きること」にふんばっているフシがあるな。

 

Eat, live and love.というわたしのコンセプトだが、

もう食べるとかどうでもいいし、生きるのが辛すぎて何百回と諦めかけ、

いやもうわたしって一体全体、「愛する」とか言ってきたけど

実際なにも愛してなかったんじゃないか。

 

って思った今日。

 

今朝はきつかった。そんなこんなで、イートもリブもラブも何も残らず、転げた。

 

 

でもなんか、たったひとつの生きる意味だった

「大好きな息子」と意思疎通がとれなくなって爆発したんだけど、

 

「やー、これは好きだな」って思うのがうっすら一応あって

 

1、自然

2、コナン

3、かわいいもの(服や雑貨など)

 

はたして、この3つはわたしを「生きる意味」へとつないでくれるのだろうか

もはや、癒しとか誰かを助けるとか家族とか愛とか、

それよりコナンか

とおもいながら、またもみんなを巻き込んでのサバイバルな1日であった。

 

 

 

わたしが、ひとと話していてもっとも身を削られるみたいにして痛いとき。

それは、そのひとが自分自身のすばらしい部分、ギフトを否定したり、目を覆ったりしつづけるときだ。

これまでも何度も、ギフトを受け入れていくみんなのプロセスを見守ってきたけど、それはやっぱり、簡単に登れる階段ではないのかもしれない。

でも、やっぱり目の前で、それを頑なに抵抗したり否定されたりすると、激しく混乱する。

自分がみている素晴らしい宝石のことを、その宝石自身が、傷つけるみたいな場面に立ち会うと、悲しいというか混乱して、激しく疲弊することがある。

目の前で、そのひとが、首を締めたり、お腹を刺したりしながら、わたしに向かって笑っているような感じがするんだ。

 

もう一個は、これもいまに始まったことではないけれど

そのひとが発する言葉と、行動が一致しないときや

本当に感じていることと、考えていることが矛盾するとき。

 

わたしは昔から、いろんなひとに「まいさんの前で嘘はつけない」とか「まいさんの前でなにかを取りつくろっても無駄だ」と言われてきた。

多分、最初から筒抜けだってことがわかる人は、そういう言い方をしてくれるので混乱はあまりないんだけど。

 

自分のそういう部分を、じょうずに使ってもらって、

「このひとは真実を教えてくれる」と感じているひとと話すことは、とても嬉しくて、そのままでいられる。

 

でもそうじゃない場合もたくさんあって、いまは家族と話していると、言っていることとやっていることが常に違っていて、すごく混乱する。みんな自分の話してることに気づいてないみたい。

 

多分、わたしには「ほんとうのこと」だけ聞こえるようになっていて、

それ以外のことがあまり聞こえないようになっているんだと思う。

 

そんな意味で、仕事でとても役に立つことはたくさんあるんだけど、日常生活において人々が繰り広げる会話は、ほとんど理解できないことが多くて、困ることもたくさんある。

すこしづつみんなに手伝ってもらいながら、必要なコミュニケーションができるようになるといいなと思う。

 

支えてくれるみなさんや、ご相談をくれるみなさんに

ありがとう。

 

今日も1日生きました。

明日もギリ生きる予定。かわいいバスソルトを作って発送の準備をすすめて、あとは猫草の種を買いにカインズに行く。書いてて思い出したけど、絵を送る梱包を考えないといけないんだった。ごはんは未定。がんばって食べる。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。