ひさしぶりにあったかい日だったので、やっとマンションの花壇の花を植えられた。

道をあるくときに何気なく咲いてる花は、あってもなくても本当、あんまり変わんないよねっていうくらい

役に立たないけど

葉を落として色を失い、次の季節を待ってるだけの地味な世界に

ぱっとブルーや黄色やピンクの花々が、ときめきときらめきを突然差し込むみたいに

目を奪われる場所ができた。

と改めておもった。

 

なくなると、寂しいけど無くても日々に支障はないもの

それって続けるのってけっこう難しい

でも

そういうものこそ本当に、愛や豊かさの象徴みたいなものだから

 

 

小さな奇跡みたいなそういう出来事を

起こしていきたい。

 

ぜったいに咲くはずのない場所に、花を咲かせたい。

 

みんなの心の中にもそれができるように、今日も花を植える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。