先駆けできてるからこそ

by まいの先生

 

10月に発達障害の診断を受けてから、いろんなことが変わったと思う。

見える景色ががらりと変わり、いままで世界を眺めては

なんであんなに変なんだろう?

と小さな頃から疑問に思い続けてきたことの

答え合わせをするみたいに。

 

なにかを伝えようとするときが、いつもスムーズにいくとは思わない。

気づいているひとたちが、まだこれから気づく人たちに、光を与えていって

”いい方向に”変わり続けるこの世界。

 

そういうときにいつもわたしは、いつか昔に

「世界は平じゃなくてまるいんだ」と言い続けたひとのことを思い出す。

きっと、「世界がまるいとか意味わかんないこと言ってるこの人」

そう言われ続けて、牢屋に入れられて、それでも

世界はまるいから、世界はまるいと言い続けるしかなかった人

 

それはそれは孤独だけど、世界がまるいと、ほかのひとよりも先に気づいてしまったから

しょうがないんだって。

 

死んだあととかずっと後に、

誰もが「世界はまるい」ってことに気づく日

 

その日にむけて祈るみたいにして、伝え続けるだけ

 

 

「発達障害」なんて切り口は、表層のほんとちょびっと見えてる氷山の一角みたいなもんで

 

ひとが、本来の姿で、本当の自由のもとで、調和をみつけて生きるっていうこと

それには、子供も大人も男も女も日本も世界も障害も健常も

どんな垣根も越えて、気づいていかないといけないことが山ほどあるんだと思う。

 

それを、未来へつなぐために、えっちらおっちら、生きてるよ。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。