”俺が凄い”と言われたときにつかう魔法の言葉

うーん。
最近よく俺を否定するな。
否定する奴と一緒にいる理由なんてないだろ。

とか、俺が俺がが凄い。

私はそれに賛同したら自分の意見は正しい→から喧嘩しても良い。という発想にならないようにこの場を盛り上げないようにしてることだってある。

賛同した先にいけないことが起こりそうと身体が反応するだけだ。

あと、本気で別に良いと思ってないこともある。
だからと言って悪いとも決して思った。

なんでもあなたの言う通りって言え。
て言われてるような気がしてしまう。
女なんだから男の言うことにたてつくな。
て聞こえる。時がある。

私も真面目に聞きすぎなのかも、もっと雑に受け流せば良いのかも。

私は感謝も足りないのかも。

 

 

女神の告白室にて24時間自由にみなさんからの投稿、お待ちしています♪

 


パートナーシップ間において、男の人がいばるのって

ほぼあんまり深い意味ないとわたしは思ってて(笑)

それが正しいかどうかも、本当かどうかも、どっちでもいいことなんだよね。

ナイトという新しくなった素敵な香りのテーマですが、

ちょうど息子が

 

「ママ!みてみて!これ保育園で作ったの!」

「ママ!xxくんは昼寝のときに1番にいつも寝るんだよ!ボクは1番じゃないよ!」

「ママ!ウンチしてくる!」

 

ていうのとすごい似てて….

 

「ママ!みてみて!これおりがみ保育園で作ったの!」

と言われて、

「いやちょっと待って目の位置と鼻のバランスおかしくないか?」

とは言わず、

 

「すごいね〜〜!!上手にできたね〜〜!!!!(ほぼ見てない)」

 

というやつと同じ。

 

 

男の人を褒めたり、賛同するときは、そこに

「自分はこう思ってる」とか「正しさ」とか「本当にこれは思ってないのに」とかは一切抜きでいいと思います。

 

”何も考えない。”

なぜなら、実際の事象(どれだけ素晴らしいことをしたかどうか)ではなく、彼自身が自分を誇りに思っていること(どれだけ素晴らしいことをしたと思っているか)

が、すでに素敵だからです。

 

すると、ただ「愛」だけがそこに残って、

 

お前の仕事ぶりがリアルに評価できるか云々ではなく

 

「かっこいいね!」

と素直に思えるようになります。

 

褒めたら調子にのってしまって、道を踏み外す男の人も中にはいるかもしれないけど、基本的には彼らも何も考えてない、ただ自分のことを誇りに感じてることに共感してくれるだけでハッピーと思ったほうがうまくいくと思う。

 

「ウンチしてくる!!」

 

「いってらっしゃい❤️あなた」

 

 

以前、「家族を勝たせる」という内容の記事を書いたことがあるんだけど、基本的に

どっちが正しいか?どっちが上か?どっちが勝ちか?

という争いの感覚がある関係というのは必ず苦しくなります。

なぜならどちらかが必ず惨めな思いをしなければいけないからです。

 

ちょうど上にいただいたコメントみたく、男に賛同すれば自分は惨めになるんじゃないか?喧嘩になるんじゃないか?

自分が正しいことを証明すれば、男は逆に嫌な気持ちになり。

 

それって絶対に誰も幸せにはならない。

 

パートナーシップやチームがいつも幸せで円滑に回るには、常にリーダが全員を勝たせるみたいな感覚でいることだと思いますね。

自分を卑屈に見せたりとか、自分が下手に出たりするのとはまた違って。

 

心から相手を認めたり尊重したり、愛するということです。

 

男の子子育て&旦那さん&恋人など

ナイトとともに使うとよい、3つの魔法の言葉

「かっこいいね!」

「かっこいいね!」

「かっこいいね!」

↑😅

ポイントは、嘘じゃなくてリアルにそう思ってることかな….

 

(わたしの場合、好きな男に関して全員かっこいいね!としか思ってない)

 

 

ぜひ同じとこでつまづいてる方も

ナイトの香り・バスソルトチェックしてください〜。

効きます✨✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。