The gift ザ・ギフト

 

サービスの名前を、The gift にしたのはいつだったか。

今日も、発達障害についてのいろいろな世間の認識を目にして、

ああ、それは誤解だ、ああ、そうじゃないのに、と

たくさんの、癒しの伸び代を目にした。

 

わたしたちが、わたしたちであることは、特別なことでもなければ、ネガティブなことでもない。

ひとと違うことは、たしかに誰にとっても当たり前だが、それは特別なことでもなければ、ネガティブなことでもない。

 

ただそれを、本当に知り、自分を正当化するために世界を否定したり、境界線を声高らかにうたったりすることなく

世界と自分がひとつになってゆくこと

怒りや悲しみを、えばったり開き直ったりすることなく

ただ、癒しを選択すること

 

わたしたちにできることは、無限にある。

ぜったいに無理だと信じていたことが、ひっくりかえることなど無限にある。

 

それぞれのみんなの中にある天から与えられたギフトは、えばったり、特別視したり、卑屈になったり、怒っているうちは

ぜったいに開くことができない。

 

 

それを、自由にしたいとこころから思う。

ほんとうにわたしたちがわたしたち自身を受け入れ、愛しているとき

世界への嫌な気持ちなど、きっとでてこないし

わたしはこうなのよ!と言う気持ちもきっと、でてこない

 

 

それが、愛だから。

 

黙ってそこに必ずあるもので、無理にこじあけなくてもいいものこそが

愛であり、ギフトだから。

 

 

さいしょは、漠然としすぎているだろうかと思った

名前だけど

The gift にしてよかったと今おもう。

 

みんなが、おそるおそるその宝箱を開けて

中身を受け取って、それを使っていくプロセスは

ただ尊いから

 

 

発達障害は、ただのギフトで、誰にとってもそれは名前が違うだけで与えられているもの

そのままで、生きて大丈夫なんだとわかること

 

世界はきっと、もっと幸せになる。

この世界はきっと、もっと調和に満ちた場所になってゆく

 

そこに、向かう。

 

 

ひたむきに生きよう。

 

The gift

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。