“明らかにできて良かったね”

 

 

View this post on Instagram

 

「結論から言うと、発達障害ですね。」 検査の結果のグラフを見て、ぽかんとしてる私に先生がそう言って、数字のことを説明してくれた。 わたしの場合は、言語を認識したり伝える力が低く、記憶は障害レベルだそう。 本当は10歳くらいのときに検査して、わかるといいらしい。これまで長年苦しかったと思うので、これからどうしていくか考えていきましょう、と話を聞きながら、いろんな気持ちが混じる気がした。 それから数日、家族と話し、近くで仕事をしてくれてるみんなに話し、いろんなことがじわじわと変わっていく。 30数年分の苦しかた過去を、海に還していくみたいな気持ちで、これまでを安心して忘れていく。 特にこれまでと何か自分自身が変わったわけじゃないのに、周りが変わっていって、不思議な時間を過ごしてる。 自分だけじゃなくて、たくさんの人が同じように苦しんでいるんだろうな、とずっとそのことを想う。 ☀️ #大人の発達障害 #発達障害 #学習障害

A post shared by Mai (@ephias_mai) on

 

明らかにできて良かったね。ダメなのは自分じゃなかったってわかって良かったね。

(努力が足りないとかそういうことじゃなかったってこと)

私も自分の子どもたちが安心して笑って暮らしていて欲しいっていつも祈っています。

それでもみんなと同じ土俵で社会生活を送っていると厳しい現実に凹むこともあります。ひとつひとつ、その時に出来ることを家族で工夫したり、アドバイスしたり、応援したり、そこから逃げていいんだよと伝えたり。

 

辛くなったら、ただひとつ。

何より大切なマイさんの命を守ってね。

輝ける場所、安心できる居場所は、広い世界に必ず必ずあるからね。

 

 

嬉しかったメッセージ。

みんなが大好きです。

ほんとうに。

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。