愛の次元を駆け上がる旅へ、ようこそ。

 

【エフィアスの由来】

 

2015年に Aquae Suliss アクアエ・スリスという屋号でスタートしたセラピストのしごと。

アクアエ・スリスというのは、現在のイギリスのバースにある、ローマ時代に寺院と風呂がセットになった、癒し施設の名前であります。

水をつかさどる女神スリスという名前を、いつか使いたいと昔からそう思っていて、風呂と寺がセットなんて、そういう場所になるといいなあと思ってつけました。

今は、The neneで取り扱っている商品の、浄化シリーズの名前になっています。

もうひとつの、「愛」シリーズの名前でもある”エフィアス”という名前を与えられたのは、活動開始から翌年のことでした。

 

セラピストの活動用のロゴを依頼し、ブランディングも担当するデザイナーさんが何ヶ月も頭をひねった最後

「普通じゃないコンセプトになってしまいました。」ともってきたのが、

「エフィアス」という聴き慣れぬ、ことばでした。

 

きくところによると、それは古代ギリシャに出てくる、4つの愛の定義だとか。

 

【E-phi-a-s】

それは、4つの「愛」の頭文字。

 

Eros = エロス  恋愛やセックスなどで感じる愛、自己愛

Storge = ストルゲ 我が子を慈しむ愛、近しい存在や家族への愛

Philia = フィリア 世界へ向けられた愛、より高く広い愛

Agape = アガペー 無条件の愛、生きとし生けるもの全てへの愛

 

 

 

人として生まれ、この世界で生きることは、そのまま「愛する」ことを指します。

 

でも、愛するってなに?

愛するって、どうすればいいの?

 

これまで「癒し」という癒しの旅や、みなさんの魂の成長の過程において

「愛する」という言葉を何百回使ったかわからないくらい濫用してきたけど、(笑)それって、

そばにありすぎて、すべてに通じすぎていて、わからない。

 

それは、めぐり、あがり、螺旋階段のように永遠につづくもの。

それを様々な次元で理解し、自分自身、パートナー、家族、友人や社会や仕事や、すべてとの関わりを通して
これらの愛をひとつ、ひとつ学んでゆくこと。

 

受け入れたり許したり、経験を重ねて扱える愛が増えるごとに、わたしたちはより豊かになり、次元があがってゆきます。

クリエイティビティの源泉でもあるエロスは、最後、アガペとなってすべてをひとつにし、またその愛の泉に還ってゆきます。

その循環のことを、エフィアスと呼ぶ。

 

それが、セラピスト松永まいの、コンセプトだと言われました。

 

 

 

わたしたちが、気づき、浄化を通して愛の階段を一段あがるとき、それは癒しとなり、光となり、世界を照らすエネルギーになっていきます。

その自分を超えてひろがっていく愛を、魂が磨かれてゆく素晴らしさを体験しながら、一人も例外なく与えられたその尊い”いのち”を輝かせてほしいとおもっています。

 

愛の次元を駆け上がる旅へ、ようこそ。

 

2020.10

松永まい

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。