まいさん

いつも先へ行かなければならないまいさん
いつも、相手に何かを見せなければいけないまいさん

その苦しみは、本当に何ひとつ分けて私が預かることができないだろうけど

でも、その苦しみを想像してる人間が、
この世に最低でもたったひとりはここにいること

どうか、いつも忘れないでください

 

 

 

いつか、昔、ひとまわりも、ふたまわりも、さんまわりも私が癒される前のこと

3次元の、物質の世界で、わたしをみた人は、わたしが自分のことを

赤裸々に話していることを好きになった。

このまえ、「プライベートの切り売り」みたいなはなしになって、わたしもテレビで、作家の人が、自分の人生はすべてネタで、それをすべてお金にする、みたいな言い方をしていたのをみたことがある。

当時のわたしはそれに似ていて、それを売り物にしようとしたつもりは毛頭ないにせよ、恋人が自分の膣の中で射精するさまを描写することが、ひとの心になにかをつついたようだった。

 

いつしかわたしはそれをしなくなった。

自分の人生や日々が、単調になったり、たいくつになったりしたわけではなく、書くことがなくなったわけではなく、ただ自然と変化した。

それはわたしにとって、変化を重ねるたびに、しぬほど怖いことだったし、今の自分は、いつかの「相手になにかを見せていた」自分とは違って、

ただ静かに黙っているようにおもえる。

 

なにかを示さなければいけない、みたいな義務も、いつか昔に脱ぎ捨てて、いまたくさんのひとに支えてもらいながら、生きている感じがするから

だれかがそうやって、わたしのことをみていてくれることに

ただ、涙が出た。

 

迷い、迷い、迷い、ただその森から抜けるためだけに歩んでいる気がする今

誰かがちゃんと、わたしのことを想っていてくれる。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。