はじめまして

長い沈黙の後、セラピストとして今後生きて行くことになりました。

こちらはその覚え書き。
ゼロからのその過程をせっかくなので綴ってゆきます。

今後の自分が怖いけれど、楽しみ。

セラピストの先生が、
「先が見えなくて怖い? おめでとうございます!!」

と書かれているのをみて目を丸くしてしまいました。

そうなのです。

自分の想定内の未来や幸せ、思い描ける範囲であれば、決して怖くはないのです。
ひとは、未知のものに、本能的に恐れを感じるいきもの。

だから、先がどうなるかわからなくて怖いと感じるということは、まさに、自分の想像もつかないような大きな未来が待ち受けているということ。

それを聞いて、その見えないところに飛び込んでいってやろうじゃないか、と思った次第であります♪

 

 

もうひとつ、ザ・シークレットより。

 

 

11796452_10153548505811350_3141868190796352506_n

 

“If  your dreams don’t scare you, they are not big enough.”

もしあなたの思い描くその夢に対して恐怖を感じないなら、
そんな夢は捨ててしまえ。

そう、取るに足らない夢だってことです。

恐怖を感じるくらい大きな夢を思い描いてみましょう。

わたしは、そうします。

こちらにたどり着いた方、
どうぞ今後のわたしの行く先を
暖かくみまもってくだされば幸いです。

 

 

 

 

 2015年3月12日

 

 

 


 

 

 

 

潜在意識についてや

前世のはなし

 

生まれ変わって

すべての魂が目的を持って

成長を続けること

 

 

 

それがいつか、

いつだってこの自分のことを支えて

 

 

そのロマンチックな世界がいつだって

ワクワクさせて止まらなくて

 

 

セラピストとしての生きがいとか
セラピストとしての自分に対する誇りとか

いつでもそういうものがそばにあったのに

 

 

 

いつから私は、

 

そんなこと仕組みさえ知れば誰にでもできる

 

 

 

特別に与えられた能力じゃない

 

 

誰でもできる

 

 

 

って

 

 

つまらないことを口走るようになったんだろう。

 

 

 

 

 

当たり前のように数十秒で前世へ落として

古い傷を癒していくセッション

 

 

当たり前のように

解放されていく記憶

 

 

当たり前のように癒されていく魂

 

 

 

 

 

なにもかもが、

 

当たり前すぎて

 

 

自分にとっていま

 

 

それが

 

すべてが当たり前すぎて

 

 

 

 

何も、

 

見えない

 

 

 

 

June 14, 2017