辛くて、いい

DSC06183

2016年4月9日分

 

 

 

きょうは、とても、疲れた。

 

 

「楽しそうで、幸せそうなひとに

ひとは惹かれるよね」

 

ということばに囚われていた自分に気づいた。

 

 

 

もう幸せそうなふりなんてしなくていいし、

楽しそうなふりなんてしなくていいし、

 

辛くて、いいや。

 

 

落ち込めることとか悩めることが

しあわせなんだとかなんだとか、

もうアレコレ思わなくていい。

 

 

 

落ち込んでる時点で
全然幸せだなんて感じられるわけないし。

 

 

苦しいのは自分で苦しさを選んでそうなってるのだとか

もうそういう理屈もうんざりだと思った。

 

 

 

 

不幸で、悲しくて、辛くて、

そのままで、

 

 

よかったんだ。

 

 

 

 

 

幸せでいなければ愛されないとか

楽しくしてなければ

欲しいものはやってこないとか

 

 

そんなことは全て忘れてしまおう。

 

 

 

 

 

わたしは、

死にそうに辛くて苦しくて

気が狂ったように泣き続けた真っ暗な日々も、

 

花を持って私を抱きしめにきてくれるひとはいた。

 

 

 

不幸であろうが、

幸せであろうが、愛されるから心配しなくていいし

 

 

 

わたしが目の前のことに夢中で楽しんでいようが

普通に幸せを感じていようが、

 

 

突然いなくなるものは、

なくなるのだ。

 

 

 

 

大切にしていようが 無造作に扱っていようが

 

ずっとそばにいるものは、

いる。

 

 

 

 

 

本当に辛いことが起こったとき

 

わたしはただ、

淡々と自分を満たすために

 

日常の生活に集中することしかできなかった。

 

ほかにできることなど、

何もなかった。

 

 

 

ひめちゃんは、

死んだのだ。

 

 

 

 

 

 

もう

どこに向かうことも

しなくていいのだと思う。

 

 

 

幸せとか、楽しいとかすら

本当は追いかける必要などないのだとわかる。

 

 

 

 

 

 

できるかぎり叫ぶように声をあげて、

出し切れるまで泣いた。

 

 

うずくまって悲鳴のような声がでて、

3回か4回それを繰り返したところで

 

そばにいた1歳の息子が

共鳴するみたいに泣いて、

 

わたしたちは

歌を一緒に合唱しているようだった。

 

 

 

 

これ以上声も出なくなるまで

儀式みたいに鳴いて

 

彼を抱き上げて

 

「生きている」のが

どんな感触か、

 

しっかりと確かめた。

 

 

 

 

生命力とぬくもりに溢れた一切の不純物の混じらない

その笑顔が、

 

 

「いま」そのものなのだと

わたしに教える。

 

 

 

 

とても、疲れた。

 

 

わたしは、

全然幸せじゃないけど、

 

 

もう本当に

それでいい。

 

 

 

なにもかも

十分すぎるくらい、

 

 

ここにある。

 

 

 

眠ろう。

 

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………

尻尾

だから、いまを。

根底の理由 マグノリア

根底の理由 幸せにしたい

春-Catnip-いないいない

辛くて、いい

 

note にて販売しています
順に追加しています

 

 

 

あなたが、誰かを傷つけたくないのはなぜですか?
嫌われるのがこわいからですか?責められるのが怖いからですか?

それとも罪悪感を感じたくないから?

 

 

誰かのために生きてはいけない、自分が幸せになるのが先だと

そう勘違いしてはいませんか?

いのちに、触れてください。あなたが生まれてきたいのちの源、
お母さんという偉大な存在は

今日、幸せに笑っていますか?

 

 

生と死のはざまで、
あなたはどこに向かいますか?

 

 

 

今を生きてください。

明日には、あなたは生きているかなんて、誰にもわからない。
あなたの大切な人が明日、生きているなんて
誰が保証してくれるというのだ?

「お母さん関連」の記事を全てnoteマガジンに順に入れております。

 

 

もうじき母の日

母として生きるあなたへ。これから母になりたいあなたへ。
いつか母から生まれてきたすべての人へ。

「いのち」について
なにかヒントを見出したいかたなど。

「自分のために生きる」ことを実践して、
幸せになろうと奔走しているのに

なぜか、苦しくなるばかりの人。

 

ぜひお読みください。

 

 

 

 

noteのアカウントマガジン一覧はこちら

月額550円の定期購読は新しい記事は全て読めますので
こちらもぜひご購読宜しくお願いします♪

 

2 Comments

  • かおる Posted 04/09/2016 23:02

    以前は目が離せない、と食いつくようにまいさんのブログを読んでいましたが、今は 落ち着いた気持ちで読んでいます
    そしてやっぱりまいさんが好きだと感じています

  • こま Posted 04/11/2016 23:55

    東京で1度、まいさんに話を聞いていただきました。
    このメッセージみて、するするっとなにかほどけました。
    ほんとそう。
    ありがとう。
    いま、これを読めてよかったです。

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です