Literally.

IMG_0125

2016年1月21日分再投稿(&追記)

 

 

 

愛することが好き。

とにかく好き。

 

ひとと愛し合うことが好き。

とにかく好き。

 

 

 

髪をなでてもらい、

髪をなでて、

 

優しくキスをするのが好き。

 

 

手をつないで歩き、

 

いついつまでも、

肌に触れているのが好き。

 

とにかく好き。

 

 

愛するひとに、

ごはんを作るのが、好き。

 

とにかく好き。

 

 

 

 

自分のなかの愛が

満ち満ちに満ち溢れたときに

 

自然とにじむ、

 

涙が好き。

 

 

 

 

 

ひとが好き。

 

とにかく、好き。

 

 

 

 

ひとと愛し合うことが好き。

 

ほんとうに、

好き。

 

 

 

 

愛することが、

 

好き。

 

 

とにかく、

 

好き。

 

 

 

I    love    loving.

 

Literally.

 

 

 

 

 


2016年1月21日分再投稿

 

追記

古い記事を読んで、本来の自分て感じがするものもあれば
ひとまわり、ふたまわりして変化しているものもある。

 

 

螺旋階段を上がって、次に見える景色でも

 

もう一度、

「人が好き、とにかく好き」って思えるんだろうか。

 

そのとき持っていなかった「愛する」を今は持っているけれど、
失ったものもきっとある。

 

この記事は、本当に自分らしいなって思うけれど、
「新しい自分」になったときは、

「新しい自分」について表現することよりも、

「今までの古い自分」について表現することのほうが

なんとなく肌なじみがいい気がする場合もある。

 

 

昨日のセッションでもちょうど、「過去の自分」に

引きずられていないかというチェックがあったが

過去と今、今から向こうに伸びていく自分を

上手につないで統合しながら手放していくのがポイント。

 

 

旅は続く。

 

 

 

 

1 Comment

  • かおる Posted 01/21/2016 21:38

    う、うらやましぃ・・・
    愛する、ことに ややさっぱり気味なので・・・
    個性なのかしら?怖れがあるからかしら?
    うーん 両方ありますね
    自分を見つめたいです

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です