そっと抱いて

言葉を追いかける。追いかけて、追いかけられて、追いかける。捕まえて、捻って拾って捨てる。捕まえられて捻られて、唸る。追いかけて、追いかけられて、戦って、ペッと吐く。抱かれて叩かれて、突かれてひとつになる。重なり合ったその間に身をそっと噛ませて潰れる。追いかけて追いかけられて閉じ込められて箱の中いっぱいに響かせる。散って儚く輝いて、残るは真っ暗な夏の夜。ただそこに出てくる瞬間を眺める。追いかけて、追いかけられて、踊り手を取り感じる。通り抜けて、捕まえて、逃がして戻る。かたちなき夢のように。皮膚と皮膚の間に流れつづける生きているという真実、すり抜ける。わたしの身体から生まれ出る温もり。もう2度と、意味を持たなくていい空に浮かぶ雲。これを幸福と呼ばずして、なんと呼ぶ。わたしという、名前なき、ただそこに在るだけの、言葉なき言葉。

追いかけて、そっと手を掴んで、振り向いて抱かれる。

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です