「わたし」とふたりきりの世界

 

 

 

まいさま

こんばんは!

今日のセッションと、ブログの覚え書きを
ありがとうございました。

 

ブログの覚え書きは、読むと、セッションのときの
気持ちが甦ってきて、昼間はずっと泣きっぱなしでした。

 

1日中、ずっと、自分のなかに入っていたいような
気持ちになりました。

なにもしないで、ずっと、
パソコンもケータイも見ないで、ずっと
自分といっしょに居てあげたい
そんな気持ちになったのは、はじめてです

 

それで、ああ、いつも、わたしは、
自分自身といっしょにいたくなくて、
ケータイみたりネットみたり詰まらないワイドショーを
見たりして、なるべく、「わたし」と二人きりにならないように
「間」を埋めるように生活していたことに気づきました

 

 

だからって、何がどうって感じなのですが…
すこし、ケータイとか見る時間減らしてみようかな
とおもいました

あとはセッション後

ダンナさんが
目を真っ赤にしてリビングに戻って来たわたしを
(今日はセッションだから、会社休んでくれました)
すごく心配して、「だいじょうぶ?どうしたの?泣いたの?」と
おろおろしていたことに、思わず笑ってしまいました

 

 

そういう、なんでもない日常の光景が、
ダンナさんの、何でもない、愛情とか気遣いが
急に心にしみこんできて、これまた、泣けてしまいました

 

 


 

 

きょうは、2月2日。

 

 

たったひとりの「わたし」と

ふたりきりで過ごしたのは、

最後いつでしたか?

 

 

そういえば先日、同時期に感情解放をスタートしたクライアントさんも

 

「むやみやたらと涙が出てきています。」

 

と言っていました

 

 

「感じる」を取り戻すと

日々のなんでもないことが

キラキラ

キラキラ

まず輝き始めます

 

いろんなところに

愛が溢れていることが

 

トンネルでサングラスをかけていたところから
トンネルの外で裸眼になったときみたいに

 

突然見えるようになるのです。

 

 

家族や

子供や

大事なパートナーや

ワイドショーや

仕事や

SNS

 

あなたの生活を埋めている

そのすべてを

 

 

ほんの少しの時間でいいから

 

「たったひとりのあなた」に向けてみてください

 

 

最初、それほど恐ろしいことはないように思えるとおもいます

 

でもこうして

 

なにもしないで、ずっと、
パソコンもケータイも見ないで、ずっと
自分といっしょに居てあげたい
そんな気持ちになったのは、はじめてです

 

そんな風に感じることこそが、

 

「自分にはじめて意識が向いた」のだと

知ってください。

 

 

わたしたちは、

毎日

 

「自分を大事にしている」とそう思っています。

でも

 

ほんとうに「大事にする」が何を指すのか

 

今日、きちんと全身で感じ取れたなら

 

 

あとはもう

大丈夫

 

 

世界はどんどん

美しく優しく

いままでよりももっと

愛で溢れていくから

 

 

 

そのときに

あなたの中から生まれてくる全てが

今までとは違って

 

輝き始めることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに向かった、
胸のときめきもすてきだけど

たったひとりの自分に向かった

静かな安寧を

すべてのひとへ

 

 

 

 

2-2  22:22に

女神から安らかな愛を込めて

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です