できない、もあんしんも、ていねいに抱く

 

”できない”

 

をただ、かんじきる。

 

”できない”をだいじに、する

 

”できない”をていねいに、たいせつにする。

 

 

”やらない”は怠慢。

 

”できない”は、あなたのなかにあるもの。

 

 

”きらい”

だから目を背けるのは怠慢。

 

”きらい”は、あなたのなかにあるもの。

 

 

”きらい”をていねいに、たいせつにしてみること。

 

”きらい”をていねいに、

大切に、ひも解いて みえてくるもの。

 

そこに、真実はしずかに佇んでいる。

 

 

 

 

 

”あんしん” を、

さらっと流す前に、

 

その ”あんしん”

をただ、かんじきる。

 

 

”あんしん”をだいじに、する

”あんしん”をていねいに、たいせつにする。

 

 

 

それはあなたを優しくまもり、

ささえてくれる。

 

 

”あんしん”もまた、

 

あなたのなかにあるもの。

 

 

 

”できない”、も

 

”あんしん”も、

 

 

”きらい”までをも

 

ていねいに抱きなさい

 

 

 

 

それは、

 

すべて、

 

 

あなたを中心へと戻し、

 

 

 

あなたを、

 

 

あなたにする。

 

 

 

 

 

 

順調に”感じる”をとりもどす

過程に

 

 

誇りと祝福をこめて。

 

 

E,

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です