すでに完了している感情について

137320-line

 

 

今回のセラピスト向けセミナーでのセッションの中で

「過去にすでに完了している感情」

というものを扱いました。

 

 

「感情を感じて抜く」というのは基本的な癒しのプロセスで
ここは古いトラウマを手放したり

前に進んでいく上で避けては通れない道には違いないのですが、

 

ときどき「感情」によって、

 

その瞬間に味わい抜くべきものと

 

そもそも存在していないものを幻想としてみていたり、

または自分以外の存在の感情が入り混じっていたりと

複雑なことがあります。

 

 

このあたりを見極めていくには

それなりの経験と「感情を感じる」ということを

ありとあらゆる角度から知り尽くした上でしか分別しようがない部分もあるのですが、

 

それがわからない状態で

とりあえず「感情」が出たら味わい尽くし、抜く

 

 

という一辺倒にとどまってしまうと、

じつはとても非効率的だったり

 

実際前に進めるはずの側面が一向に良くならずに
繰り返し同じ状態に陥ったりすることがあるので、

今回はまさに

 

「感情を感じて抜く」がどういうことか
すでにわかっているのに、

なぜか繰り返される

 

という部分へのアプローチの仕方を理解していくような
内容。

 

 

これはまだ「感情を感じ尽くす」ということを

徹底して取り組んでいられる段階の方は

考え始めると余計にややこしくなるので

あくまでもその先の段階に進んでいる場合の
一歩進んだ取り組み方として、

セラピストの方は提案したり導くにあたって注意してください。

 

 

癒しの過程にはどの側面にも必ず段階があります。

説明をすればいいというものではなく、

必要な情報を「今」「その段階」「その瞬間」に
そのクライアントさんがどの分量を噛み砕くことができるかなどを

しっかり見極めた上で

伝える内容、伝え方や伝える分量は全て異なってきます。

 

 

 

今回は繰り返され湧き出る感情について

「味わい抜く」というアプローチの仕方のその先に、

 

その感情が実はすでに完了しているのに

そこにとどまっている理由がある部分を見抜き

気づいて理解してもらい、

 

そして片付ける

 

ということをセッションの中で行いました。

 

 

いろいろなケースがありますが
今回は、

 

「過去の自分」にしがみついていたい、愛おしくてずっと寄り添っていたい

という根っこの部分。

 

 

過去の自分と今の自分を統合するというプロセスを
ワークを通してしっかりと味わいつくしてもらい、

晴れてその感情を繰り返す必要はなくなりました。

 

 

星読みや病気から回復された経験からのおはなしかいなど
主催されている正美さん。

ブログにその模様を書いていただきました。

 

同行二人
より抜粋

 
 女神達がキーワードの中から
 拾い出してくれた言葉は

”以前の私に戻ってしまうことの恐れ”

(中略) 

女神は誘導してくれました

今の私は以前の私を
 とっても愛おしく思っていることに
 気づいたんです

愛おしいが故にその時の感情を
 味わいに行ってると

確かに過去を感じるたびに私は
 懐かしさと切なさに心震えて
 まるで初恋を思い出すかのようでした

(中略)

 
 女神は
 最後の仕上げをしましょうと…

私は以前のしんどかった頃の私を
 ぎゅって抱きしめて

ありがとう、守ってくれて
 これからも一緒にいてほしいと伝え
 私と以前の私は手を繋ぎ
 一緒に歩くことになりました

まるで同行二人です

次々に家族を亡くし
 新しい家族を渇望して
 淋しくてたまらなかった私は
 もう、ひとりになってもいいと
 自分に許した時から
 私が私を満たしはじめ

もうそこには愛を渇望するような
 淋しさはなくなっていましたが
 でも、なんとなく切なくて

そしてやっと
 永く置き去りにしていた私を
 この日
 迎えに行くことができました

小さい私がニコニコと
 美しい女神の姿を借りて
 待ってくれていました

 

 

 

 

 

過去の「ネガティブな感情」は、ときどき
度々「愛情」や「恋しさ」によって抜けても
そこにとどまっているように感じられることがあります。
「感情を感じて抜く」という一本にとらわれてしまうと、

実は「完了している」ものまで

いつまでたっても終えることができない状態にとどまるので、
セラピスト側は

そこも見極めた上で上手に誘導していきます。

 

 

幅広いやりかたを組み合わせることによって、前に進むのを加速できます^^

 

 

 

 

 

本質的な導きのできる一流のセラピストよ、

孵化してくださいませ。

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です