Re: “いつまでも”

1524631_10151780154961555_729021852_n

 

 

まいさん、

 

現実には涙をシトシトと降らせながら
妄想の世界の私は泣き叫んで嗚咽しています。

 

まいさんの「いつまでも」記事を読んで、
涙がこみ上げました。

 

私がずっと、望んでいたのはこれだったのか、と。
胸の奥を衝かれました。

 

 

 

 

ありがとうはいらないと言われても、
そして、いらないというその気持ちもよく理解できても、
それでもありがとうと伝えずにはいられない。
ありがとうの存在です。

 

 

そうか。
私は、嫌われても良かったけど、
軽蔑だけはされたくなかったのだと、
やっと分かりました。

 

 

 

それは、もちろん、
私が私を軽蔑しているから。

 

自分の何を軽蔑するのかも、
今回のことで明らかになり、
やっと自分の扉を少し開けた気持ちです。

 

 

 

 

私の今までの男性関係に対しても、
なるほど、と腑に落ちました。

 

 

 

嫌いになってもいいよ。

 

いつ、どこへ行ってしまっても、変わらずに、大切に思う。
安心して生きていいんだよ。

それが欲しかったんですね、私。

 

 

自分には、そんなことができないから、
相手が私にそんなことができると思っていなかったんです。

 

 

 

でも、それが欲しくて欲しくて仕方なかった。

 

 

絶対の愛。
絶対の安心感。

 

 

 

 

自分の子供に、
それを与えられる母でありたいと思います。
自分の子供なので、当然与えられるのですが、
それがちゃんと伝わるような、

伝えられるような母でありたいと思います。

 

 

 

 

私も自分の母に、
そのままで安心して自由に生きていいって思われたかったんですね。
ちゃんと、言葉でそう伝えて欲しかったんだと思います。

 

 

いつかそれを、母に伝えたいです。

 

 

ガッツリ、セッションして頂いた気分です。
精神的に消耗したので、
メールのお返事、またゆっくり時間とって書かせてもらいますね。

 

それでも、進化したいAより

 

 

 

 

いつまでも

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です