変わらずに、ずっと、「今日も素敵な1日を。」

 

DSC01181

Haven’t we met/ Kenny Rankin

 

 

 

いつか、自分が本質から大きく外れて

まだずっと、苦しみの中にいたとき

 

わたしには、誰かを毎日変わらずに

飽きずに

愛し続けることなど

 

果たしてそんなことは、本当に可能なのかと

ずっと、そうおもっていた。

 

 

誰かと親密に関わることは、

いつだって恐怖だった。

 

 

 

どれほど恋愛を繰り返しても

 

誰かを本当の意味で、

愛し続けたことなど、なかった。

 

 

 

嫌われる恐怖

嫌いになってしまうかもしれない恐怖

 

失う恐怖

 

わたしは相手から、

何かを奪おうとし続けた。

 

 

 

 

 

2014年の6月9日に、
最愛の息子が生まれたときにも、

 

その疑問の答えは、わかりようがなかった。

 

 

 

 

 

あれから二年と1ヶ月と7日が経って

 

そして、

 

誰かを毎日、

飽きずに

ずっとずっと延々と

 

 

愛し続けることができるのだということを、

 

 

知る。

 

 

 

 

 

 

残り900文字、
つづきはnoteで販売しています。
https://note.mu/ephias/n/n3a4d921f0ad3?magazine_key=maf4281d1e4c7

 

 

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です