チャックおじさん朗読練習

 

DSC06280

 

いつもは淡々とこちらのページに更新してます

Day 18 Free Your Family, Free yourself

<18日目>家族を、そして自分を解きはなて

 

英語

 

 

 

 

 

 

 


 

チャックスペザーノというのは私が20代のころから
長いあいだ敬愛し続けているセラピスト?心理学者?で、

 

ハワイのふとっちょのおじさんなのですが、
ぼんやり理論のみ頭に入ってもなかなか実際に
自分の人生の向上に役立てるのが難しい部分もありました。

 

ずっとバイブルのように脇に抱えて

なにか辛いことがあるとかならずその本を開いてきた私。

理解できなくても、どうしても掴みきれなくても、

でも「答え」がここに、書いてある

 

という感覚とともに

大切に道標にしてきました。

 

 

 

今回セミナーに参加して、長年勉強をされている
かたたちとたくさんお話をしたのですが

 

結構みなさん同じように

 

「難しい!」

 

と感じられているようで意外だった。

 

わたしが未熟だからなんだなーと
漠然と感じながらひっそりと本を読みふけってきたわたしですが、

同じグループに
私と同じように初めてセミナーに参加した方がいて、

 

彼女はセラピストでもなく
「こころに関する」知識も経験もない状態での
参加で、

 

途中

 

「何を言っているのかわからなすぎる・・・・」

と困惑していました。

 

 

 

 

 

スピリチュアルな面もあり、
漠然と「天にお願いしてみましょう」と言われても
現実には信じきり身を委ね切る感覚は捉えづらかったり、
「神への祈り」的な下りがでてきたりすると、
西洋の文化との温度差に「癒し」につなげていけばいいのか
疑問に感じて戸惑ったり。

 

 

チャックのやり方は、どちらかというと

潜在意識や魂にフォーカスしていると思います。

 

わたしの経験上、なんとなく「信じきれない」

「目にみえない存在」の助けと合わせて、
本当に「理解している」と感じられる、

「思考」も上手に駆使して
取り組んでいくことが最短距離だと感じています。

 

 

わたしが過去にしくじりこじれ、
そして30年以上自己否定と罪悪感、無価値感に苛まれてきた人生から
ヒプノセラピストとしての経験、

それ以外の様々なセラピー、ヒーリングを
20代のころ片っ端から体験しながら癒されてきたのちに
体感した上で言えることは、
魂の成長・癒しに関しては
ひとつひとつの階段を上がるようにして
たくさんのプロセスを経て得られるものであるということです。

 

 

その都度その都度、理解するのに

ちょうどいい説明や理論はありますので

 

成長とともに少しづつ体感していっていただければと思います。

 

 

質問などありましたら

どしどし送ってくださいまし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です