分離 ポジティブでネガティブは消せない

img_5085

 

あれから、ポジティブでネガティブを打ち消すことは出来ないを心情に、
自分のネガティブと向き合っています。

気付いたらお金ないし、未来もよくわからない状態で不安はありますが、
おかげさまでネガティブな自分も怖くないし、
自分のことを幸せだと思い込むこともなく、肩の力が抜けて・・・、

ときどき湧き上がる幸せを感じて、とってもしあわせですー(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 


 

 

クライアントさんはそれぞれ皆さん悩みの内容も度合いも

もちろん異なるのですが、

 

このSさんの当時のこじれっぷりは、わたしのセラピストとして

たくさんの方にお会いしてきた中でも

 

1、2を争う深刻さ

でございました。

 

 

もう上の朗らかなメッセージからは

想像つかないくらいの状態で、

 

感情にガチガチに蓋をされたまま

セッションはスタート。

 

 

通常90分の初回のセッションで、もちろん最初は緊張している方も多く
徐々に核心に触れていくのですが

彼女はセッションの前半、
抱えているもの、口に出している相談内容と

態度が

完全に分離している状態だったのですね

 

なんというか、

 

 

キラキラ キラキラ ニコニコ ニコニコ

めちゃくちゃ人生絶好調でなんの問題もありません私!

ニコニコ ニコニコ キラキラ キラキラ

 

という表情で、様子で、態度で、

 

こじれにこじれた結婚生活、
新たな恋人とのこじれ恋愛、
一見何もかも持っているように見える仕事上で
抱えている尋常じゃないストレス

 

について淡々と語っていく。

 

 

 

苦しい状況に、苦しい様子が見えるなら
まだ安心できます。

 

 

 

逆のパターンがかなり危険です。

 

 

彼女の場合は、何が深刻かというと
その自分の状態に大して

自覚がない

というところにありました。

 

 

つまりは、

もう自分が苦しいのか何なのかも

まったくわからないような状態ということ。

 

 

 

 

「何を考えてるのかわからない」とよく言われる

と言われましたが、

 

そりゃそうだわアンタ。

って心の中でツッコまずに
直接ツッコんだけど。

 

不自然なほどに爽やかで素敵な女性。
人間味がなく、血の通っていない、可愛らしい人形のよう。

 

 

 

 

限られた時間の中でSさんの奥にある
本当の感情に辿りつくために

わたしは結構攻めたと思います。

 

最初から

 

「いやあー、相当やばいっすね」

 

って相変わらず

歯に衣着せずきになる部分を指摘していきました。

 

 

 

そして、キッカケがちょっと何だったか
思い出せないのですが

 

それまで気丈にニコヤカで凛と
聡明な態度でふるまっていたSさんが、

 

 

ある瞬間に

まさに

「堰を切ったように」

 

泣き崩れました。

 

 

 

通常はだいたい、
じんわり感情が浮かび上がってきたり
じんわり涙を滲ませていったり

もうすこし緩やかなのですが

 

 

Sさんの場合は

いろんな意味で激しかった。

 

会社の経営者の妻として、
その会社で責任のある立場として

おそらく相当の我慢を自分に強いてきた結果です。

 

外から見ると、本当に非の打ち所がないように見えます。

 

そしてその奥には、
溢れんばかりの押さえつけてきた感情。

 

 

そのこじれた感情が
いろいろな出来事を起こしているように見えました。

 

 

 

 

 

そしてある瞬間にその蓋が外れた瞬間から、

 

あまりに激しいものがあふれ出ました。

 

ほとんど錯乱状態で涙を流すSさんに、

わたしは完全にそこで「共鳴」し、

 

おそらくセッション中に

わたし自身があれほど号泣したのは後にも先にも

あのときだけ。

 

 

わたしは懇願するように、初めて会ったそのひとに、

 

 

「Sさん、お願い、もうこれ以上、
がんばらないで・・・・」

 

と泣きつくようでした。

 

 

Sさんの人生は、
お金や仕事の面はとってもうまく回っていて、
パートナーシップや、別の側面のみ極端に歪みが出ていた。

 

いやはやそれぞれの人の人生とは

どの方でも本当に面白いには違いないのですが

 

Sさんはその後

 

「どうやって帰ったか記憶があまりありません」

という冒頭で始まる長いメッセージを下さって、

 

その後きっとご自分でたくさんのことに

気づかれたんだろうなあと思います。

 

 

 

 

 

ポジティブでネガティブを打ち消すことは出来ないを心情に、
自分のネガティブと向き合っています。

 

ポジティブは大切なこと。

でも、使い方を間違えると大変なことになります。

 

 

ネガティビティは、決して打ち消すものじゃないんですね。

抵抗すればするほど、その苦しさは増していきます。

 

そこにしっかりと気づかれて、
無理にニコやかに笑って自分をごまかすのではなく

 

そのまま苦しい自分を受け入れる。

 

過去の感情を、ネガティブな感情を
ある程度癒していけた段階で、

いよいよポジティブの出番なのです。

 

段階ごとにちゃんと役割があります。

 
おかげさまでネガティブな自分も怖くないし、
自分のことを幸せだと思い込むこともなく、肩の力が抜けて・・・、

 

以前に辛くていいでも書きましたが、
ネガティブな自分を怖がらなくて済むようになったら、強いです。

そして、「自分は幸せなんだ」と無理に思う必要ももちろんなくて。

 

 

久しぶりのメッセージを読んで、
間違いないトラックの上を歩んでいらっしゃることがわかり
もう嬉しくて感激した午後でした

 

ときどき湧き上がる幸せを感じて、とってもしあわせですー(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

わたしもそれを聞いて、

とってもしあわせですー。

 

ありがとうございました。

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です