祭り

FullSizeRender

 

どうも。根暗がウリの松永まいです。

全国の暗くて内気で苦しみ抜いている方々の

みかたでございますわたくし。

 

 

ただいま絶賛断捨離中。

物理的な整理で家中のものを処分して

風通しを良くしつつ、

ひきつづきオエオエしながらガンガン
内面のほうも掃除を続けております。

 

今月はこの陽気に
完全休業で

やりたかった遊びを満喫しようと

断捨離のわきでチャッカリ充電しまくっている日々。

 

 

 

ところで家の裏が神社なんですが

昨日は豊年祭だか何だか知らんが

年に一回のイチモツ祭りでした。

 

 

昼に清々しい気分でドライブにいき

歯医者から帰ってくると
近所はすでに人でごった返しており

 

この春のうららかな陽気のなか

向こうのほうから

わっしょいわっしょいピッピ、ピッピ、

わっしょいわっしょい

ピッピーピッピー

男たちの威勢いい息の合った声に、

出店のカラフルな情緒から、やきいかやポテト、
りんご飴のにおいが漂ってきます。

 

ひとの集まる熱気に楽しそうな家族連れ、
御輿を担ぐ脇の人だかりをくぐりぬけると

日本人としての大和撫子魂がムクッと起き出し

血湧き肉躍りだしてくる・・・

 

 

 

 

わけない。

 

 

 

 

 

(あ、最初に根暗って書いてましたね)

 

何を隠そうわたくし松永まい、

日本人として生まれ落ちて33年、

 

 

祭りという祭りが

 

大嫌いであります。

 

 

個人的には、前世で
日本人に祭り中につるし上げられ殺された
外人だったんじゃないかと思ってる

 

 

 

 

もうあの俗世感満載の雰囲気から、

田舎のヤンキー色に

あんたら何でわざわざ人だかりに寄ってくんの?と言いたくなる
何が面白いのか全くもって、

全くもって理解できずにこの年まで来てしまいました。

 

 

 

 

ニューヨークにいたときも

10月に入り、街が刻々とデコレーションされていくと

とにかくハロウィンが近づくにつれ
恐怖におののいて過ごす日々。

 

 

そして、年に一度町中が妖怪だらけになる日が終わると

こころの底からほっとしておりました。

 

(これであと354日は心穏やかに過ごせる・・・)と。

 

 

 

sohoで働いていた頃のはなしになりますが
メインストリートでその都度パレードとかがあるわけです

日本でいう「ザ・祭り」ですね

しかもですね、

ニューヨーク何でもかんでも
規模がはんぱじゃないですよ。

 

 

規模が大きいということはですね、

 

アホの集まる規模も当然比例して大きいわけです

 

アホばっか

パレード大集結。
全身黄金に塗りたくったりとか仮面被るとか
もう理解の範疇を超えた輩が

 

町中を埋め尽くす

おそろしすぎる

 

最近は日本も欧米化が進みすぎた挙句
真似せんでもいいとこまで真似して

みんな寄ってたかって

ハロウィンパーティーなどという

けしからん文化が浸透してますね

 

 

 

 

 

もうそんな自分は
すっかり諦めたわたくしですが
息子がアンパンの仮装したいとか遂に言い出したら

「あんたそのままでアンパンやん」

って言ってしまいそうだわ・・

 

心に傷を負わせるかもしれないがそれまた運命
こんなわたしを母に選んで産まれたのはあんただからね

 

 

 

 

 

そんなニューヨークにいた頃
ある日Chelsea辺りで
ゲイパレードがありました

 

何も知らなかった愚かすぎるわたしは

普段のように地下鉄を降り、いつもの道を横断して
店まで辿り着く予定でした。

 

いつもならたった5分のその距離を

人混みとポリスマンで封鎖されて

 

「出口はあっちだ」と言われた方向に向かって歩くと
今度は「あっちからしか出られない」と反対方向に送り出され

一時間以上アホ軍団の迷宮のなかで徨ったあげく

 

文字通り泣きじゃくりながら目的地についたころには
ずたぼろでございました

 

 

当時つきあっていた同じ職場の関西人の彼に迎えられ
(日本のマクロビオティックの店だった)

 

「おまえほんまにあほやなあ」

 

となだめられながら

仕事さぼって
地下でしくしく泣き続けたことを
昨日のワッショイで思い出しました。

 

仕事おわりにDeliで買ってもらったのブラウニーが
美味しかった小さな淡い記憶・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

家の裏の神社がごった返す様子を
ひととおり観察したのち
人混みを抜けて

 

とおくから御輿がぴょこぴょこ人だかりの上を
飛び跳ねる様子を眺めていたのですが、

 

 

いやしかしこれほどワクワクしないもんって

あるもんだな〜

 

 

そのあまりのワクワクしなさ加減を

楽しんだひととき。

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

この世から「祭りという祭り」が消えてなくなる

その晴れやかなる日を

いまかいまかと待ちわびながら

 

 

 

これからもひっそり根暗代表として

生きていきたく思っております

 

わたしゃアンタの味方だから
安心してくれ

 

 

 

 

根暗なりに
人生を謳歌してる結果、

 

 

今日はついにお馬さんパカパカいってきたよー

美容院も行ってきたよー

 

 

 

目標は韓国ドラマの時代劇ヒロインみたいに

姫的スカートをはいて馬に軽やかにまたがり

 

颯爽と風をきって走る女神♥

 

イメージは湖畔に飼われた
真っ白な馬と♥

 

 

 

 

趣味の欄に

 

「乗馬」

 

ってこれから書くわ。嘘でも。

 

 

 

 

またあれこれ報告します。

 

みなさま素敵な祭り週末お過ごしください、ね

 

 

 

 

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です