“I’m proud of you.” 「誇り」

DSC05461

 

 

英語に存在し、

 

確実に日本語にない概念のひとつ、

 

それは「誇り」ですね。

 

 

言葉としての「誇り」はもちろん
このように、あるにはありますが、

 

大それた意味での「誇り」ではなく
もっともっと日常的な

「自己肯定」としての「誇り」を

自然に感じながら持ち合わせているひとは少ないのでは、と思います。

 

 

 

というのも、日本語でいう「プライド」は、

どちらかというとネガティブな意味をたくさん含んでおり、

 

「プライドが高い」とかで使われる

 

等身大の自分を見誤った上でのうぬぼれは

どんどん手放すに越したことはないですし、

 

そもそも日本の美徳として

 

「謙虚さ」「へりくだり」の文化が、

 

<自分を低く見せてなんぼ>という、

 

国をあげての伝統的呪い

わたしたちにかけ続けてきたからです。

 

 

 

英語にはその点、

非常にさらりと

 

「誇り」が

日常的に登場します。

 

 

 

続きをnoteで販売中です♪

 

 

1 Comment

  • 鮎子 Posted 01/29/2016 05:29

    この写真、めちゃめちゃ可愛い

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です