終わらせる覚悟が、始まり⑦

FullSizeRender

 

 

山下は、
何かをどうこうしたくて戻ってきたわけじゃないのです。

わたしに、「終わり」を告げられて、

それを「終わらせないでくれ」と言いにきたわけではないのです。

 

そもそも、わたしたちは、

なにも始まっていませんから、
「終わる」とか「始まる」という表現も
ふさわしくないかもしれません。

 

 

山下は、
一度も自分の本心を見ることをせずに、

わたしと話をしていました。

 

 

一度も自分のほんとうの望みを伝えることをせずに、

わたしに対してだけではなく、
離婚する奥さんに対してだけでなく、

山下自身に対して

誤魔化しつづけてしか、会話ができなかったのです。

 

 

そして、

わたしが、

 

ほんとうのほんとうに
「終わらせる覚悟」を決めて

山下を「手放した」結果、

 

 

山下は、
「感じて」、
「魂の赴くままに動く」

 

を生まれて初めてやったのです。

 

 

思考でガチガチの人間にとって、

それが、たやすいことでないのは

わたし自身の経験から、よくわかっていました。

 

それは、それこそが、
「ださい自分を受け入れる」

「弱い自分を受け入れる」
そのものだからです。

 

 

わたしの心は、

 

その、山下の本心によって、
動かされました。
わたしは、これから先、
山下とどうなっていくのか、わかりません。

 

わたしは、山下が好きだし、

でも、わたしの魂は、

「こいつじゃないよ」と言っているのも知っています。
わたしは、今続いている
自分を取り巻く上昇気流にただただ乗っていきたいし、
ワクワクとどきどきの衝動に従って

やりたいことを全部やっていくだけ。
そして、以前に書いた記事のように、
「本気で」「本音で」生きていく。

 

そのわたしのペースと、スピードと、
上昇と、「本音」と「本気」に、山下がどれだけついてこれるか、

振るい落とされるか、
それだけだと思います。
わたしは、自分が、なにか特別な人間だとは
一度も思ったことはありませんし、恋をすると、
いつもいつでも、その相手に振り回されてきました。

 

 

でも、自分が軸になったのち明らかに
すきな男に対する態度も姿勢も言葉もかわってきました。

 

いま、わたしは、

 

 

山下がわたしを好きかどうかには興味がないのです。
山下がわたしの側にいたいかどうかにも、興味がないのです。

山下がわたしを嫌いになろうとも、
お好きになさいまし、なのです。

 

でもその代わり、
わたしは、

 

自分を軸に、相手を想うことを始めました。

 

 

 

わたしは、山下に、

「わたしと釣り合う男になれ」

と吐き捨てました。

 

 

こんなセリフは、よっぽど限られた、
よっぽど限られた一部のほんとうに非のうちどころのない
女性だけが使うものだと思っていました。

 

 

でも、わたしたちは、

 

自分のなかにいる「プリンセス」を
大事にできるようになれば

 

だれでも本物の「プリンセス」になれて
そして、そんな姫を尊重できない男は

 

おとといきやがれ
と言えるようになるんだ


初めて実際にこうして体験してみて

わかりました

 

 

 

 

 

次の日

山下は、またわたしのところにやってきて、

 

わたしのことを、

 

「マイ、可愛い」

 

と何度も言いました。

 

 

それまで、一度もそんなことを言わなかった山下。

 

 

「先生今日もキレイっすね。」

「まいさんスッピンでもキレイっすね。」

 

が常套句だった山下。

 

 

山下は、

肚から声を発することを、

ほんのすこしだけ覚えたようです。

 

 

山下の、

「マイ、可愛い」

は、

 

 

いままでとは全く違ったエネルギーで

 

わたしの奥底の魂に

 

強く、しっかりと

 

呼びかけているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 Comments

  • ayuko Posted 12/04/2015 00:05

    まいさん!
    単純に他人様の人生を覗かせてもらってドラマでも見ているかのようなブログが面白かったのもありますが、私の中で何年も消化できなかった出来事の答えはそこだったか!と、自分の過去にぴったりと当てはまる内容で、びっくりして一気に読ませていただきました。
    まいさんのブログに出会って約1週間。
    生理の日にちがたまたま同じだった♪と訳の分からない「憧れの人と同じ」感にチョピっと嬉しくなったりしてましたが、え、今日のタイミングでこのお話?にだんだん「たまたま」じゃない感に襲われ始めてます。
    必要なときに必要なものはやってくると思ってはいましたが、思ってるだけじゃなく分かりやすく感じさせてもらう体験をしてるみたいです。ワオ!
    自分の過去の貴重な体験を今まで全て無駄に蓋して流してしまってましたー!せっかくのメッセージに気づかずに過ごしちゃった。勿体無い。でも、そこに気付けただけラッキー♪まいさんのお陰です。
    今日も貴重なメッセージをありがとうございます

  • amidalahime Posted 12/07/2015 00:43

    あっという間に読んでしまいました!
    同じようなシチュエーションではないですが、絶望して泣き明かした夜を思い出しました。
    誰しもそんな夜があるんだな〜と思うと、なんだか心強いです(*^^*)
    ありがとうございました(^^)
    これからも更新楽しみにしてます☆

  • たま Posted 12/13/2015 15:22

    まいさん はじめまして 
    手放し記事を 服の裾を握り締め 息をのんで
    一気に読んで  最後は声を上げて泣きました
    なんでか分りません
    でも この記事が私の中の何かをぶんぶん揺さぶったようです
    ありがとう

    • Mai Matsunaga Posted 01/01/2016 21:16

      ありがとうございます。その後どこで何が揺れ動いたか見えてきたでしょうか。
      たまさんの中にある大切な感情が、思い切り「ここだよ」と叫んでいるかもしれません。

      こちらこそありがとう。

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です