宇宙からのテスト「自分に集中」

IMG_0711

 

ここずっと絶好調すぎる毎日が続いていたので、
興奮しすぎている状態をなんとか鎮静させることに意識を向けていました。

 

あまりに激しい変化の中で、流れにのるのは良しにしても
飲み込まれるのはあっという間。
足元をすくわれるのは一瞬です。

そんな慣れない新しい環境のなかで、次々と
目的地からこっちに近づいてくる

通りの体験が続いていたわたくし。

 

そのスピードたるや、車のカーナビどころか新幹線で景色が移り変わっていくような
ついていくのに必死といった感じです。

 

Facebookのほうに毎日のように友達申請が届き、
読んでくださった方からコメントやメッセージが届き、
舞い上がる気持ちをなんとか抑えるのに膨大なエネルギーを費やしました。

 

そしてついにやってくる、
祭りのあとの、オエオエよ。

 

もうほぼSNS中毒になりかけている自分に
実は警告音はずっと鳴り響いていました。

そんななか立て続けに久々に落ち込む出来事が連続して、
これは一体・・・と1日かけて朝からガッツリ
落ち込んだ日を過ごしました。

 

もともと「書く」のは好きでも、パソコンに依存するのは苦手なマツナガ。

昔からテレビも持たない生活ですし、
数年前は携帯すら持っていなかった時期もあって、
情報過多でパンクして自分を見失うことをとにかく忌み嫌っていました。

 

いまはそれでも、コミュニケーションをとるのに
SNSは欠かせない存在ですし、

自分もそれがあったから
こうしてシェアしてもらって

多くの人にブログを読んでもらう機会をいただいたのです

 

 

 

どんなことでも「楽しむ」ギリギリまで本気で遊んで、
その一線を超えたとわかった瞬間に凛と自制する。
そのさじ加減は難しいけれど、それができないと、
簡単に自分を見失います。

 

先日もセミナーで会ったゆきちゃんに

「ブログで自分のことを書くときにどうしていいかわからないし、
Facebookのいいねの数が気になって仕方がなくて・・・
他のひとのブログを読んでも、こんなふうに面白く書きたいのにできなくて」

 

という相談を受けました。

「自分にとにかく夢中」

を目指していたのはマツナガも同じ。
そしてそれが大分できるようになってきたところで、気づいたら
人が自分のブログを読んでくれるようになっていました。

 

そういうときにマツナガが意識していたのは、

「情報の遮断。」

 

 

他のかたたちのブログなど読んで
毎回自分と比べたりして落ちこみ、ますます書けなくなる
の悪循環に入ることがあります。

 

そういうときはもう読むことすらやめて、
普通にこどもと散歩に出かけたり、普通に部屋の掃除をしたり、
縫いものをしたりして1日を過ごすことを心がけました。

しばらく情報から離れると、自分が「今」へ戻ってくるわけですから、
(自分軸を取り戻す、自分の中心とつながる)
すると自然と紡ぎたい言葉が

もう一度自分のなかから湧いてでてきます。

 

あとはそれをそのまま言葉に変換するだけ。
さほどのエネルギーはかかりません。

 

一番無駄にエネルギーを消耗し、なおかつ響かないものは

「他人の目を意識して書いたもの」ですね。

 

ここをチェックするのはわかりやすいですし、
わたしも毎回これとの戦いですし
まだまだしくじりまくっていますが、
やっぱり誰かの目を意識して書いたものは
自分がそのまま100パーセント表現されないし、
なおかつ反応も気になってしまうという、
これまた厄介な自体におちいります。

 

わたくしはとくに、

レポなどのコメントが「面白い」ばかりだったので、
そのあと毎回

「面白いこと・・・書かないと・・・・・」

とテンパりまくりました。

 

でも、そもそもわたくし、最初から

「面白いことを書こう」としてたわけじゃないんです。
本人はいたって真面目に、自分のなかから浮かんできた言葉を

正確に文字にしようと努力しただけで、だからどうひっくり返ったって、

「面白いことを書く」って不可能なんですね。

 

一通りオエオエさせていただいた後、そのトリックに気づいてからは
すこし肩の力を抜いて、「ただ自分のことをそのまま記す」ことに
全力を傾けられるようになってきました。

 

なのでこうしてまったく面白くない記事でも、
スラスラ(そしてやはりオエオエ)かけるようになってきたわけです。

 

「面白いって自分で気づいてなかったの!!??」と驚かれたんですが、
正直に告白すると、そこだけは未だにあんまりわかっておらず、
何かの拍子にたまたまかけた記事が冴えていて、読み返して
自分おもろいやんと思うことがあるんですが、
これが不思議なことに
実に「他人事」な感覚なのですね。

「ひとが書いた記事を読んで笑ってる」感じなのです。

 

 

というわけで、こうして始めたブログもつい一ヶ月すこし前
10月4日のアクセス数は「9」ですよ。「9」。

参考記事

オエオエが止まりません

このオエオエを書いたのが10月末ですから、本当にこの一ヶ月すこしで
自分で読んでもものすごい変化があったことが見てとれます。

 

 

岡田さんにシェアしていただいたとき、

まさかの「5872」アクセスがありました。

その数字が、もう多いのか少ないのかとかは自分では感覚的につかめないし、
10万アクセス当たり前のひとからしたら、大したことないでしょう。

(しかも水増ししまくられているという噂のアメブロを使っていないのに。)

でもこのわたくし、ほんとにほんの1ヶ月前まで、
だれもマツナガの存在など知らなかったのです。
9回このブログが開かれただけだったのです。

 

 

そして、なぜこんなことが起こったのか考えてみると、

ただただ

「自分に集中」した、

そこに尽きると思います。

 

 

相談されたとき、わたしはこう答えました。

「わたしのブログなんて、ほんとにどうでもいいし読まなくていいから、
ただ目の前に広がってる生活、ただその瞬間に目を向けてみて。
ブログとか自己開示とか、そんなの全部最後でいいから、
まずはとにもかくにも「自分集中する」なのよ。
わたしはそういうときFacebookすら開くのやめるよ。」

 

 

そのあと、
「言われたとおりにしてみたら、びっくりするほど周りの目が気にならなくなって
自分の書きたいことがかけるようになった!すごく悩んでいたのが抜けた!!」

と嬉しい嬉しいメッセージをいただきました。

 

「ブログ読んでます」とか、「さすがの文才!」とか、
「期待してます❤︎」とか色々言われて
やっぱり他人の目とかプレッシャーとかに
押しつぶされそうになっていた数日を経て、

 

「わたしは、わたしでしかないわな。」

 

もともと面白くもなんともない、
わたしそのままでしかいられないのだから、

 

そのままそんな不安も感じ切って、
これからもアクセス9に舞い戻ってもいいから、
そしたらむしろ誰も読んでなくって自由にかけるやん

って思いながら

 

綴っていこうと思います

 

宇宙からのテストは、立て続けに起こった落ちこむ出来事について
書きたかったのですが書きはじめたらブログのことになりやしんたんで次回。

 

 

 

 

2 Comments

  • とと Posted 11/19/2015 10:07

    いつも面白く読ませていただいております。

    アクアエスリスとアクエリアスうぃ間違われたイタンスの王の記事を読んだあとに、

    http://vaststillness.com/age-of-aquarious/

    この記事を見つけてしまい、笑ってしまって、コメントさせていただきました。

    これからもありのままの魔女ブログを楽しみにしております。

    • Mai Matsunaga Posted 11/19/2015 19:35

      ととさん
      コメントいただきありがとうございます❤︎
      アクエリアス!!!さらにスッキリ美味しくなっただけではなく、水瓶座だったんですね!!とってもロマンチックじゃないですか。
      マツナガは魚座ですが、水つながりでそりゃもう間違われてもいい気がしてきました。笑
      これからもありのままで書いていきますのでどうぞよろしくおねがいします❤︎

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です